ブログ

宇宙の開発、自分だったらどう考える??を、問いたくなる本。#宇宙に命はあるのか

こんにちは!あそび堂の福原です(*^^*)

突然ですが、みなさん、宇宙兄弟ってご存知ですか??

そう、大人気マンガの、あの『宇宙兄弟』です!!

ではみなさま、その宇宙兄弟のweb連載、「一千億分の八」が本になったことはご存知ですか?!

え?知らない?では、こちらのwebページをご覧くださいませ❗️(本編の1/4を読めてしまう太っ腹ページです。)
http://voyage.hiroono.com

そしてそして!

なんでこのblogに書いているかといいますと、あそび堂に初版本が届いたのです!

👇これです!

どーーーん。(軽井沢宇宙ロボット講座に登場した、モデルロケット君たちと。)

そして!なんとなんと!宇宙にたった200冊だけのシリアル番号入り!!

わー!嬉しーい!!🙌

軽井沢宇宙ロボット講座のみんなはもちろん、店舗にお越しいただいた皆さんに手を取っていただけますので、ご覧ください(*^^*)

で!ミーハーはいいから、内容はどうなのよ?!と、思っているみなさん。…これ、すごいです

宇宙というと、宇宙飛行士さんが主役になりがちですが、この本、技術者さんなど、裏方のみなさんが主役なんです。

(まさに、宇宙ロボット講座で子どもたちに伝えたいこと!と感動。)

そして、裏方のみなさんの人間模様もしっかり描かれていて、「この時、自分だったらどうするかな?」と問いたくなる内容なんです。

宇宙のことや技術のことに興味がない大人のみなさんにも、人の生き方に興味がある方にはオススメします!

いままでこんな本あったのかな?と、目からウロコ、ワクワクする”宇宙本”です(*^^*)

新しい遊び堂がオープンしたら、この本をお題にした対話型の読書会を開こうと思っています♪(楽しみ〜!)

そんなの待てない!という方は笑、お近くの書店や、Amazonで、どうぞ!!


 

星空の綺麗な軽井沢で、たくさんの人と、宇宙に思いを馳せ、語りあえたら最高ですね★

ただいま大好評の子ども向け講座、【軽井沢宇宙ロボット講座】も、18年度の実施に向けただいま計画中ですよーー!

関連記事

ページ上部へ戻る